• あいちゃんのまもりぼし
  • あいちゃんのまもりぼし

この本に関するお問い合わせ・感想

あいちゃんのまもりぼし

内容紹介
園での生活やお友だちとのかかわりが、すこし心配になったとき、子どもの心にそっと寄り添う“まもりぼしさん”のおはなし。

何をやってもなぜか、みんなより遅いあいちゃんと、その成長をそっと見守るまもりぼしさんの心温まるものがたり。入園の時、初めて親の手を離れる子どもたちと、その小さな背中を見送る親たちの心に、そっと寄り添う小さな絵本です。

しんぱいしなくてだいじょうぶ…

ぼくは いつも
いっしょにいるよ

あいちゃんのこと
ずっと
まもっているからね

舞台は…
都会の真ん中に実在する、ある小さな保育園。

東京タワーができる前
まだたくさんの人が戦争のいたみをかかえていた頃
子どもたちの幸せと平和な未来を願う人たちが作った保育園。

やがて保育園のまわりは高いビルが立ち並ぶ大都会になりました。
目に見えるいろいろなことが変わっても、この保育園は、子どもたちの幸せと平和な未来を願い続けています。
そのために大切なことをみんなで一緒に考えながら…

みんなが大きくなっても
ずっと「まもりぼしさん」がみんなの心の中にいて
ずっとみんなを守っていてくれますように

そして
みんながつくる未来が
平和で幸せなもので
ありますように
著者 いもんのりこ 文・絵
ジャンル 入園・入学
出会い

ともだち
入園・入学 雨
出版年月日 2019/09/30
ISBN 9784783403265
判型・ページ数 B6・56ページ
定価 1,430円(税込)
在庫 在庫あり
原画展_あいちゃんのまもりぼし_2022.4.29-
LINEアカウント